株式会社 特殊高所技術 |橋梁点検・非破壊検査・ブレード補修
HOME > 特殊高所技術の安全性
特殊高所技術の安全性

特殊高所技術は、「労働安全衛生法」や「労働安全衛生規則」に準拠していることは言うまでもありません。

2009年には、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に活用促進技術として登録されており、安全性について「従来技術より優れる」という評価を頂いています。

使用機材の安全性

ロープやカラビナ等の装備やヘルメット等の個人保護具は、欧州規格(CE、EN)に適合したものを使用しています。さらに、弊社では、メーカーより厳しい破棄基準を設け、装備・個人保護具の点検を行っています。

  • 破断強度23kN(キロニュートン)以上のスタティックロープを使用しています。
  • 装備・個人保護具は、損傷の可能性が否定出来ない場合は、即廃棄しています。 例えば、ロープ外皮の毛羽立ちや、塗料や溶剤の付着等が確認されたり、カラビナや下降器、登高器等、金属性機材に強い衝撃が加わった可能性のある場合は廃棄しています。

多重安全作業システム

高所作業においては、使用機材の破損やヒューマンエラーにも対応するように、多重の安全対策を行っています。以下に具体例を示します。

ロープ支点の脱落対策

作業前にロープの支点に動荷重をかけ、仮荷重テストを行っております。
耐荷重性能が確認された2点以上の支点を用いて、作業を行っています。

支点の作成 支点の作成
鋭利な角が接触することによるロープの損傷対策

ロープがコンクリートの角などに接触する可能性がある場合は、下降中に支点を作成し、荷重を乗せ換えたり(リビレイ)、ロープの流れる向きを変える(ディビエーション)等の技術を用いたり、 ロープにプロテクターをあてる事により、ロープが損傷する可能性を徹底的に排除しています。

リビレイ・ロープガード リビレイ・ロープガード
回転工具の使用によるロープの損傷・切断対策

万一のロープ損傷・切断に備え、メインロープに加え、バックアップ用のロープからも自己確保を行います。


落下物による事故、または作業用具の落下による第三者被害

作業用具は、筆記用具に至るまで、すべて落下防止措置を施しています。

上下作業を禁止しています。

作業現場周辺、特にロープの支点周辺や作業員の下部は立ち入り禁止としています。

注意:音の出る動画も含まれています。

動画を閲覧するにはAdobe Flash Playerが必要です。(無償)

Adobe flash Player のダウンロード
ダブルロープの使用 ダブルロープの使用
落下防止対策−ペン 落下防止対策−野帳

技術者の安全意識と危機管理能力

全ての特殊高所技術者には、一定期間の講習を受けさせています。講習期間中に機材の保守・点検、作業中の危険回避、万一の事態に備えたレスキュー技術を身につけさせています。

社内レスキュー訓練を行い、作業員のレスキュー技術向上に努めています。

レスキュー訓練2009 レスキュー訓練2009 レスキュー訓練2009 レスキュー訓練2009 レスキュー訓練2009 レスキュー訓練2009
株式会社 特殊高所技術